静岡県内でノロウイルス大流行か

静岡県内でノロウイルス大流行か

 

12月14日の中日新聞で、「静岡県内でノロウイルスが大流行か」という記事がありました。

 

 

おそらくノロウイルスが原因であろうと思われる、感染性胃腸炎の患者が急増しているとのことで、
前年を超えるペースであるらしいです。

 

大流行が疑われる警報レベルに近づいており、調査した県は、手洗いやうがい、
除菌を徹底して行うようにと注意喚起しているそうです。

 

12月3日から9日の小児科からの報告では、感染性胃腸炎の患者数は1678人で、
そのうちの半数がノロウイルスが原因ではないかと疑われているようです。

 

季節柄とても乾燥しており、ウイルスが活発になるので、これからもノロウイルスの患者は増えるでしょう。

 

これは、ただマスクをしてもおそらく防げませんし、
困ったことにノロウイルスはアルコール消毒が出来ません。

 

 

では何が効果的かというと、このエアーマスクのような「塩素」なのです。

 

 

ウイルスブロッカー(エコムエアマスク) 製品の詳細はこちら

 

 

 

静岡県内でノロウイルス大流行か関連ページ

ノロウイルス集団感染、3人死亡
ノロウイルスの集団感染で3人亡くなられたとのこと。
楽天の星野監督がウイルスブロッカー着用命令
東北楽天イーグルスの星野監督が風邪対策でウイルスブロッカーの着用命令を出したそうです。
富山市の老人ホームでノロウイルス集団感染か
富山市流杉の老人ホーム「九重荘」(入所者93人)で3〜8日にかけて、63〜89歳の男女34人が下痢や腹痛などの症状を訴えた。